ひとりごと ~Music & Life-Style~

HR/HMを中心としたCD感想、足を運んだライヴの感想をメインにひとりごとをブツブツつぶやくブログです。

9mm Parabellum Bullet 『Waltz on Life Line』 (2016)

Waltz on Life Line

ここ最近音楽にどっぷり漬かれる余裕があまりなかったのですが、そういえばこのブログCD感想も書いてたんでした・・・。GALNERYUS以降まったく書いておらず放置状態でしたね。他のレビューサイトもっと見習わないと。

 

 

今回僕が紹介するのは歌謡オルタナティヴロック/ポストハードコアバンド・9mm Parabellum Bulletの新譜『Waltz on Life Line』です。へヴィではないもののメタリックなバンドサウンドに、ダサいと言い切ってしまえる昭和歌謡に通じる芳醇な哀愁メロディーがのる日本ならではのロックバンドです。

 

 

自主レーベルSazanga Recordsを立ち上げての最初の音源であり、これまでのアルバムとはやや異色な感じの作風に仕上がっているのではないでしょうか。というのも基本的に9mmの楽曲は作詞がヴォーカル・ギターの菅原さん、作曲がリードギターの滝さんが担当しているものがほとんどでしたが、本作はリズム隊の中村さんとかみじょうさんの作曲の割合が大幅に増えています。さらに曲数が15曲と多めのため、これまで以上にバラエティ豊かアルバムに仕上がっているなと感じました。

 

 

そのためすべての曲を同じくらい気に入る人はあまり多くはないのではと思います。僕も一部あまり好みではないかなと思う曲がありますし。しかし当然ながら軸がブレている訳ではなく、根底にある9mmらしさは損なわれていません。曲数は多くても冗長さは感じずに聴きとおすことができるのがいいですね。

 

 

個人的に気に入ったのは先行シングルにもなったMETALLICAのごときスラッシュチューンM1「生命のワルツ」(ツーバスがメチャクチャ心地良い)、9mm以外の何物でもない歌謡チックなギターリフと哀愁のヴォーカルメロディーが乱舞するM2「Lost!!」、彼らの十八番といえるダサさを濃縮したメロディーがたまらない、待ってましたと言わんばかりの疾走曲M12「モーニングベル」、せわしない高速リフで幕開け、これまた彼ららしいメロディーがたまらない最後を締めくくるに相応しいM15「太陽が欲しいだけ」ですね。

 

 

彼らの旧譜が気に入ってる方ならば今回も良作と言えます。メタリックな曲有り、ストレートなロックチューン有り、切ないミドル曲有り、激ダサ曲有りと彼らの楽曲の魅力を十分以上味わえると思います。曲調が何気に幅広いので本作のベストチューンは何かと問われれば、人によって結構バラけそうな気がしますがどうでしょうか?

 

 

しかし本作を聴いて思ったのですが、曲を聴いただけでここまで作曲者が誰かわかりやすいバンドはそうそういない気がします。メンバー全員が作曲に携わるバンドといえばTHE BACK HORNとかがいますが、僕は聴いただけで「これは栄純の曲だ!」「これは光舟っぽい!」とかわかる気がしません(笑)。

 

 

M1「生命のワルツ」のMV

 

 

M2「Lost!!」のMV