ひとりごと ~Music & Life-Style~

HR/HMを中心としたCD感想、足を運んだライヴの感想をメインにひとりごとをブツブツつぶやくブログです。

Veiled in Scarlet 『Atonement』

Veiled in Scarlet 『Atonement』

今や凄まじい実力派がしのぎを削り合う国産メロディックデスメタルシーンにおいて、一足先に慟哭の旋律を撒き散らし伝説的な存在となっていたSERPENT。その中心人物でありメロディーメイカーであるKeijaさんが中心となり結成された、SERPENT時代のメロデスサウンドを現在に継承するVeiled in Scarletの最新作です。

 

どうも今まではメンバーが流動的で、特にヴォーカルに恵まれなかったようなのですが、本作において今までゲストとして参加していたShinさんが正式に加入。ようやくバンドとしての体制が整ったうえでの作品ということで、彼らの美点がしっかりと収められた好盤と言える出来に。

 

メロディックデスメタルバンドは必ずしも保守本流のスタイルにはまらず、オルタナティヴ路線に走ったり、メタルコア/デスコア要素を取り入れてよりエクストリームな方面に傾いたりといったこともありますが(まあそれはそれで悪くなかったりするんですが)、彼らにはそういった要素は皆無。いやホントにマジで皆無

 

メロディックデスメタルという音楽スタイルを寸分違わずに貫き、クッサい哀しみに満ちたメロディーをギターがかき鳴らす。まさに"慟哭メロデス"以外の何物でもない音が最初から最後まで延々に響き渡るのです。ここまで徹底して王道を行くバンドは今どきなかなかないのではないでしょうか。

 

Shinさんのヴォーカルもいかにも古き良きメロデスって塩梅のデスヴォイス。個人的にはTHOUSAND EYESのDOUGENさんやCROSSFAITHのKoieさんのような、ハードコアからの影響も受けた破壊力抜群の咆哮の方が好きではあるんですが、音楽性にはバッチリ合っているし、かすれた小声でコショコショつぶやくようなヴォーカルよりはるかに良いのは言うまでもありません(笑)

 

映画音楽のように劇的なインストM1「CLOSER TO DAWN」から続くM2「THE THRONE」は、早速泣きの叙情性を振りかざすリフ、ブラストめいた高速ドラムで疾走し、悲哀に満ちたエモーション満点のフレーズがず~~っと鳴りやまない哀愁メロデスの秀曲。サビ裏のリードギターまた哀しいのなんのって...。

 

よりパワフルになったヘヴィリフが登場するもやはり泣きを忘れないM3「PRISONER'S SORROW」に、バックのピアノがこれまた儚げない哀愁を放ちまくるM4「ATONEMENT」まで来る頃には、あまりの哀しみにハートが粉々になっているかもしれませんよ(?)

 

アルバム収録曲のすべてがこんな調子で泣きに泣いており、さらにほとんどアップテンポ~疾走チューンで構成されていることもあって(ややゆったりめの曲はM5、M10くらいで、前者は勢いも持ち合わせている)、あまりアルバムのバラエティというか起伏はさほどないのですが、下手に風変わりな曲やスロー曲を入れるよりも、慟哭メロデスを貫き続ける方がこのバンドには合っているかもしれません。収録時間も短いのでダレないですしね。

 

前述のM10「ROAR THE WINTER」はある種バラードのような感じのスロー曲ですが、本作中特にドラマチックなメロディーと構成を持ち合わせた、ラストを締めくくるに相応しい名曲。最後になってさらにリードギターのフレーズが半音上がるところなんて......もうたまらんね。泣きまくりですよ泣きまくり。

 

これぞ国産哀愁メロデスの完成系とも呼べる内容で、楽曲面での不満は無いのですが、本作の唯一の欠点は値段。インディーズバンドの10曲入りCDで、収録時間も短めでありながら3000円超はさすがに高いよ。買う前にちょっと躊躇したもん。

 

M4「Atonement」 MV

 

本作のトレーラー