ひとりごと ~Music & Life-Style~

HR/HMを中心としたCD感想、足を運んだライヴの感想をメインにひとりごとをブツブツつぶやくブログです。

CD感想-ARCH ENEMY

ARCH ENEMY 『Burning Bridges』 (1999)

ヨハン・リーヴァ在籍時の最高傑作 デスメタルの暴虐性と泣きの叙情性の完璧な融合 アモット兄弟による感情表現の極み 前回・前々回と1999年に発売されたメロデス至高の名盤を二枚続けて取り上げたので、もちろん本作についても書かなきゃならんでしょう。 s…

ARCH ENEMY 『Rise Of The Tyrant』 (2007)

アモット兄弟によるギターの布陣は最強 メロディーもブルータリティーも過去最高水準に エクストリームメタルバンド・ARCH ENEMYの完全体 特に良いタイミングというわけではないですが、ARCH ENEMYの旧譜感想を。2007年に発表された7枚目のフルアルバム。個…

ARCH ENEMY 『Will To Power』 (2017)

ここ日本ではもはやメロディックデスメタルというジャンルを代表する存在と言える、ARCH ENEMYの記念すべき10thアルバム。新たなフロントマン、アリッサ加入後の2作目かつ、ギタリストのジェフ・ルーミスが加入して初の作品でもあります。 MVが先行公開され…