ひとりごと ~Music & Life-Style~

HR/HMを中心としたCD感想、足を運んだライヴの感想をメインにひとりごとをブツブツつぶやくブログです。

摩天楼オペラ 『PHOENIX RISING』 (2016)

PHOENIXRISING.jpg

ヴィジュアル系シンフォニックメタルバンドのメジャー2ndミニアルバム。

 

本作発表前にギタリストのAnziさんが脱退をしており、ギターはヴィジュアル系ラウドバンド・Far East DizainのLedaさんがサポートで入っています。サポートのためかソロこそ多少あれど、全体的にギターは裏方的な役割であまり目立ったプレイはしていません。

 

4人体制の新生摩天楼オペラとして初の音源であり、タイトルもまさにそのことを意識したものと思われます(GALNERYUSと丸被り)。メンバーがいなくなってしまった後というのはどうしても不安がぬぐえないものですが、本作はそういった不安を払拭するには十分の作品であると思います。

 

美しいイントロからシンセとバスドラ連打で疾走するM2「PHOENIX」の流れでファンならガッツポーズもの。掴みの強さはバッチリです。解放感と高揚感を同居させたメロディーはこのバンドのスピードナンバーの真骨頂ですね。その後にこのバンドのモダンな側面を重視したアップテンポのロックナンバーが続き、さらにメロディックスピードメタルが飛び出しラストはバラード、という構成もうまくできており、収録曲・分数を絞っていることもあってダレずに一気に聴き通しやすいのも○。

 

個人的はやはり先述のM2やM5「MASK」のようなスピードメタルがツボです。前者はやや明るく爽やかさが感じられ、後者はシリアスさ、哀愁が強調されており、ニュアンスは異なれど摩天楼オペラらしさがよく発揮されていてメンバー脱退の痛さを感じさせないのが頼もしいです。苑さんのビブラートを効かせた伸びやかな高音ヴォーカルが存分に活きていて、聴いてて清々しい(このヴォーカルスタイルが苦手だという方もいるかもしれませんが・・・)。

 

途中で並ぶモダンなロックナンバーM3「愛した人」はノリのいいキーボードソロと切ないキャッチーさが胸を締め付けるサビメロがいい感じ。M4「GREEN WORKER」はこのバンドがアルバムごとによくやりたがる(笑)、シンガロングが印象的な今風なJ-ROCK色の濃い曲。正直シンフォニックメタルバンドにこの手の楽曲を求めてはいないのですが、バンドコンセプトは「現代的なものと伝統美の融合」であるため、こういった現代的な(モダンな)ナンバーも必要だと考えているのかもしれません。それはそれでバンドの個性に活きるのでいいのですが、メタラー的には伝統的なメタルナンバーが多いとより嬉しいよ!とは言っときます(笑)。

 

全体としてはヴィジュアル系に抵抗のない人なら聴く価値のある、十分に良作と言えるクオリティーを有しているのは間違いないのですが・・・ちょっと欠点もあります。

 

それは音の薄さ。まあこれは本作に限ったことではなく過去作から思っていたことですが、彩雨さんのキーボードや悠さんのドラムの音作りがどうにも薄く重厚感に欠ける印象を抱いてしまいます。M2、M5なんて楽曲の出来は文句なしなのですが、メインを張るキーボードの音色が妙に小ぢんまりしてて、楽曲のスケール感を小さくしてしまっているような気が・・・。もっと派手なシンフォニックサウンド導入してもいいと思います。GALNERYUSくらいに。

 

・・・と若干の不満をこぼしつつも、気が付きゃ結構リピートしていました(笑)。やっぱりこのバンドの歌メロの良さはいいですね。体全体に染み渡るようで。

 

あと音とは関係ないけど、せっかくヴィジュアル系としてやってるんだから悠さんはもっと華のあるルックスにしても良いのでは・・・?

 

全曲試聴トレーラー